ITエンジニア不足?!私がプログラミングを始めたわけ

初めまして

めぐみです

 

ずっと興味があったプログラミングを開始!

 

しかし、タイピングもできない。

 

機械音痴の私がゼロからプログラミングを学びどんな開発ができるかチャレンジを記事に書いていきます。

 

プログラミング?

HTML?

CSS?

 

なにそれ?

 

って初めて聞く方は、思いますよね?

 

私も頭の中が、はてなでいっぱいでした。

 

 

そこで、

プログラミングとは何か調べてみた結果

 

プログラミングってなに?

簡単に言いますと、私たちが普段見ている

ホームページなどを作成するソースコードを作ること。

 

要はホームページでは見えない裏側を作成してそれを動かす、コンピューターにさせたい仕事を順番に書いていくことなのです。

 

プログラミング言語で記述されたテキストのことをソースコードといいます。

 

しかし、コンピューターは人間の言葉をそのままでは理解できません。

 

そこで、コンピューターが理解できる言葉=プログラミング言語で指示する必要が出てくるのです。

 

これが今流行りのプログラミングと言うわけです。

 

プログラミングって楽しそ

 

調べていくうちに楽しそと!

 

 

いや、でも、英語…..??

 

 

英語できないし….

 

 

それに加えて数学も….??

 

 

実はプログラミングは英語も数学できなくてもできるのです。

 

 

中には数学的要素もいるかもしれませんが、個人が趣味で組むなら英語も数学も不要です。

 

 

経験者いわく、やってれば勝手に覚えていくよ

と仰る方が9割なので、とにかく毎日10分でもいいのでスタートしていきます!

 

 

それと一つ言えるのが、誰かにすぐに聞ける環境があること!

 

 

私は独学でRubyを齧りましたが難しくて断念。

 

 

わからないことを先延ばしにすると作業は止まるしモチベーションも下がるんですよね。

 

 

なので、プログラミングを勉強するさいは、常にわからないところをすぐに聞けて問題解決がすぐにできるようにしておくと良いのではないかと思います。

 

なぜプログラミングを始めようと思ったのか

 

私がプログラミングを学ぶ理由は、日本にない物を作り世の中のためになる物を作成したい。面白いアプリ開発もしたいと思いプログラミングを始めることにしました。

 

それに、2020年から小学校教育でプログラミング学習が始まり、将来的に子どもができましたら「お母さんプログラミングもできないの?」と子供に言われないようにするためでもあります。

 

 

エンジニア不足??

今、IT業界では人手不足で就職や転職をサポートするエージェントが増えてきています

 

これはどういうことなのか

 

なんと!!

 

エンジニア不足は

 
2020年:36.9万人不足
2030年:78.9万人不足

という、深刻な人材不足が生じているのです

 

どんな分野で人手不足なの?

経済産業省のデータでは、ビッグデータ、人工知能(AI)、IOT、ロボットを「先端IT技術」と呼び、その中でも「AI」と「ビックデータ」「IOT」が将来最も人材不足に陥ると見込んでいます。

 

これは超高齢化社会の日本、少子化が騒がれている日本では大変な人手不足となります

 

とは言っても「AI」などは一部の天才にしかできない・・・

 

「AI」をガチで学ぶなら数学者にならないと厳しい・・・

 

 しかも、エンジニアは初めから給料が良いから年齢を重ねても給料は安い・・・

 

今日では、会社に属さずフリーランスで活躍する方も増えてきています

 

プログラミングを学べばリモートワークだって可能に!

 

職業で困っている人や会社に属したくないって方はとりあえず、プログラミングを学んでスキルを身に着けてはみませんか?

 

 

最後に

いかがでしょうか?

 

エンジニア不足は深刻ですよね・・・

 

しかしそれだけ需要がある職業でもあり、

今では、就職支援をしてくれるスクールも

非常に増えて来ています!

 

 

しかもうまくいけば、お金を貰いながら

プログラミングを学ぶこともできるんです

 

 

では、これからタイピングもできない

機械音痴の私がどこまで成長できるか

配信をしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です